実際に必要なのか確認する

現在、就業中の女性も結婚や育児で家庭に入った女性も何か資格をと考える人は多いと思います。私の友人も、現在は結婚して専業主婦をしていますが、将来のためにと、資格を取得するための勉強をしています。先ず彼女が取得したのは家計の支出などがうまくできるようにとファイナンシャルプランナーの資格を取得していました。

そして、今は簿記の資格取得に向けて勉強しています。彼女が取得したファイナンシャルプランナーにしても、現在勉強中の簿記にしても明確な目的があってのことです。資格の取得と一言でいっても、その資格を主としたときにどう活かすことができるのか、ということをしっかりと考えなくては意味のないものになってしまいます。ネットでもこの資格を取得すれば、年収がこれぐらいになるとか、女性に人気でとかいろいろなことがかかれています。しかし、実際にニーズがあるのか社会的に求められているものなのか、ということは自分でも調べてみる必要があると思います。

例えば、社会保険労務士の資格も女性にはとても人気の高い資格となっているようです。これについては資格取得後何年で年収がいくら、という風に記載されていましたが、これについては全員がそうなるわけではないということも念頭に置いておくべきだと思います。実際に、自分が通勤できる圏内の企業で取得した資格の人員が募集されてるのかどうかを確認しておくことも大切だと思います。せっかくの費用と時間を無駄にしないためには調べることも大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です